O脚 100人のO脚矯正 例

O脚 矯正


サイトマップ







 O脚 矯正 専門施術院


幼少期生活習慣

学校での部活など、スポーツをする機会が多いと思いますが、サッカー、テニス、バスケットボールなどは足首を起点として急激な身体の方向転換を繰り返すため、足首の怪我が多く、そのため土台となる足首の歪みから、膝の歪み(O脚)、骨盤の歪みと繋がりやすいスポーツと考えられます。
特に、小学生〜高校生の時期は身体の成長と共に様々な身体の運動機能が整っていく時期でもあります。この時期にこれらのスポーツを過度に行うと、O脚などの歪みに繋がりやすいといえます。
もちろんこれらのスポーツをしてはいけないということではありませんが、骨折、脱臼、捻挫、打撲、などの大きな怪我だけでなく、些細な身体の異常を感じたらすぐに専門的な医療機関を受診することが大切です。(施術院の選び方の項を参照して下さい。)
ここで、両親はそういう子供の訴えに対し、大げさとか気合が足らないなどの評価をせず、親身に耳を傾け、最適な行動をとることが重要です。
また日常生活における基本動作を正しく行うことも重要です。
日常の行動を大まかにいうと@立つ、A歩く、B座る、C寝るといったように4種類に分けられますが、ここで重要なのは@立つ、とA歩く、B座るといった動作です。
もともと人間は歩いて健康になるように出来ていますので、特に@立つとA歩くが重要です。(立ち方編歩き方編座り方編の項を参照して下さい。)
C寝るについてはうつ伏せや横向きに比べれば仰向けで寝ることが一番身体への負担が少なく適していますが、本来健康な身体であれば、寝ている間も歪まないように無意識に寝返りをうつので、特別こだわる必要はないかと思います。
以上のように、両親は子供のあらゆる場面ごとに最適な対処をすることが重要であり、その対処しだいで子供の後々の身体の歪みや健康は大きく変わってきます。
そして、こういった内容は学校の保険体育の授業等では詳しく教えてはくれません。
「猫背にならないように胸を張りましょう」程度しか言われないかと思います。
大切なお子様の未来のために今から意識と行動を変えていきましょう。

 ≫ NEXT 施術院の選び方
 ≫ 美脚計画トップページ

 

ここで提供する情報は必ず自己責任にて行ってください。
[O脚矯正 骨盤矯正] 美脚センターのWEBサイトで
提供した情報において生じた損害は一切の責任を負いません。

掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用等をを禁じます。
O脚 改善のお手伝い


O脚 お任せください

お待ち致しております

top index O脚 骨盤
プライベートも安心 『完全個室』 & 『担当制』
[O脚矯正 骨盤矯正] 美脚センター  総合受付:0120-770-255  24時間受付: ご予約フォーム
【東京都】:銀座 表参道 恵比寿 上野 新宿 渋谷 池袋 吉祥寺  【神奈川県】:横浜 川崎 
【埼玉県】:大宮 【千葉】:千葉 柏 【大阪】:難波 梅田 【兵庫】:神戸三宮 【京都】:京都 【愛知】:栄

 O脚 矯正
O脚矯正骨盤矯正ご意見・ご感想個人情報保護 | 採用案内
Copyright(C) 2017 bikyaku center All Rights Reserved